ブログ・体験談から見る婚活事情TOP » 婚活注意点覚え書き » 相手との会話を弾ませたいときはコレ

相手との会話を弾ませたいときはコレ

婚活で初対面の方と話す際、会話に困った経験はありませんか?何を話していいのかわからず、気まずくなってしまったという方もいるはず。ここでは、初対面でも会話に困らない話題や、お見合いで会話をするときの注意点についてご紹介していきます。

これで大丈夫!会話を続けるためのポイントとは?

婚活をしている方の中には、「会話下手だから何を話していいか分からない」と悩みを抱えている方もいるでしょう。どんな話から始めたらいいのか、相手を不快にしないかなど、さまざまな不安を抱えているかもしれませんね。

相手に好印象を与えるには、どういう会話をしたらいいのでしょうか?

話す前に、オドオドしたり不安な様子は出したりしない

話題について話す前に、これだけは言わせてください。

まずは、相手に堂々とした態度を見せること。不安がっている様子はバレて伝わりやすいのです。そうすると相手も「この人大丈夫かな?」と不安になってしまいます。

過剰な演出ではなく、リラックスした自然な雰囲気を醸し出せるようにしましょう。相手と話す前に深呼吸をしておくと、少しは楽になりますよ♪

会話が始まったら、まずは共通点を見つける

自己紹介から入ると思いますが、そのときは相手のプロフィールをしっかり聞くようにしましょう。合コンや街コンなどは自分から聞き出さないといけませんが、婚活パーティーではプロフィールカード、結婚相談所では事前に自己紹介文などを見ることができます。その中から自分との共通点を見つけてみてください。

年齢・出身地・趣味などだと話が弾みやすいでしょう。もしも年齢が同い年、または近かった場合だと、「同い歳(近い)ですね~!」「小さい頃は○○という番組を見ていたのですが、△△さんはどんな番組が好きでしたか?」など、同年代だから話せる世代ネタで盛り上がれるはず!

相手の○○を褒める

「共通点での話が終わってしまった」「共通点がなかった」という場合には、相手のことを褒めてみましょう。ただ、相手のこともわからないのに出会ってすぐに褒められない、と思う方もいますよね?そんなときは、相手の身につけているものや、すぐ目に入るものを褒めてみるのです。

「ネックレスがキラキラしていて、とても綺麗ですね!○○さんに似合っていて、すごく華やかです!」

「可愛らしいネイルですね。爪をキレイにしている方って魅力的に感じます!」

「素敵な声ですね!なんだかとても癒されて、落ち着きます」

など、見える範囲でいいので褒めてみてください。そのときは、ぜひ笑顔で♪

にこやかに褒められると、相手は嫌な気分はしません。むしろ、とても嬉しい気持ちになります。「細かい部分も見てくれているんだ」と好印象を与えることもできるので、ぜひ試してみてください。

ここで注意したいのは、褒めすぎないこと!何度も言われると、わざとらしく感じてしまいます。時間が短いパーティーでは1人1回程度。お見合いでは2~3回にとどめておきましょう。

質問をしてみる

相手から返答をもらうことで、会話を続けることができます。簡単なところでいえば「天気」について。

ただ「今日は暑いですね」「寒くなってきましたね」だけではダメです。なにか一言加えることが大切ですよ!

例えば、「今日は暑いですね。私は暑いのが苦手で…。○○さんは暑さに強いですか?」「寒くなってきましたね。真冬は少し苦手なのですが、このくらいの季節は好きです。○○さんは冬の季節どうですか?」など、少し自分のことを付け足して質問すると「この人私と同じ季節が好きなんだ」と話が弾むかもしれません。

管理人のワンポイント!暑さに強いなら「海」「マリンスポーツ」はどうか、冬が好きなら「ウィンタースポーツ」はどうか、というように関連付けて質問をしていくと良いでしょう。
ただ、質問のしすぎには気を付けてください。相手もあなたに質問したいと思っているかもしれません。少しは相手が話す時間も作ると好印象ですよ♪
ブログ・体験談で見る!気になる婚活事情まとめ【男女】