ブログ・体験談から見る婚活事情TOP » 婚活注意点覚え書き » 数撃ちゃ当たるは婚活ループのはじまり

数撃ちゃ当たるは婚活ループのはじまり

「たくさんの人と出会うことで、きっと自分に合った素敵な人が見つかるはず!」は不正解!?
ここでは、婚活ループに陥ってしまう原因と解決法についてお伝えしていきます。

気軽に出会えるからダメ!?ネット婚活者が陥りやすい問題点とは?

婚活ブログや体験談などを見ていると、たくさんの人と出会われている方がいますよね?それでも、まだ結婚できていない…なんて方も多いのではないでしょうか?

なぜ結婚できないのか。

それは、何人もの方とやり取りをし、簡単にお見合いを重ねることができるのが原因だそう。

ネット婚活者が陥りやすいもので、実際に会うときにお見合い費用がかからない場合、「何度もお見合いできるから、自分と合わなければ次に期待すればいいや」などと軽く見てしまいがちに…。それを重ねることで、20人、30人、40人と、あっという間に出会った人の数だけが増えるという状況に陥ってしまうようです。

これは、一人とのお見合いを真剣に行えていないのではないでしょうか?

おそらく、結婚相談所ではなかなかできないと思います。なぜなら、お見合いをするにも料金が発生するから。ずっと活動を続けていると料金がかさむため、お金持ちでないと何度も何度もお見合いをするわけにはいきません。

料金が発生するからこそ、一回一回のお見合いを真剣に行うことができます。そして、お見合いで出会った方とお付き合いをし、お互いの気持ちを高めていけるのではないでしょうか。

大人数での婚活は危険が潜んでいる!?

今度は、違う視点から婚活について見てみましょう。

「婚活は、たくさんの異性から自分に合った相手を探して結婚すること」

確かにこの考え方は間違いではありません。婚活サイトや結婚相談所に登録している方は、何万人という膨大な数。その中から自分の条件に合った相手を探し、お見合い・デート・交際・結婚へと進んでいきます。

ただ、人数が多ければ良いかというと、そうではない場合も…。

大規模な街コンや多くの方が登録している無料の婚活サイトなどを利用した際、人が多すぎて「あの人もいいけど、この人もいいな」と目移りしてしまった経験はありませんか?

選択肢が多いと、人は購買意欲がなくなるという調査結果があるように、婚活においても、「素敵だな」と思う異性があまりにも多いと選択に困り、考えすぎてだんだん疲れてくる方もいるはず。それが「婚活疲れ」に繋がってしまいます。

婚活パーティーの例

パーティーは、基本的に10~20人の異性とお話をすることになります。多くの出会いにワクワクしながら頑張って話を聞いていますが、途中から「良いな」「もっと話してみたいな」と思う方がたくさん出てきて、どんどん選択肢が増えていくことに。

人は、新しく入ってきた情報を5つほどしか処理できないといわれています。それでも頑張って処理しようとすると、思考や体力が奪われていき、疲れが出始めるのです。「疲れた…」「早く帰りたい…」と考えてしまい、いざカップリングしてもその思いがなくならず、「話していても盛り上がらないし、楽しくない」という結果になる恐れも…。

それが続くとどうでしょう?「カップリングしても疲れて話が弾まない」だけでなく、最終的には「相手を選ばない」なんてことになってしまうかもしれません。

相手と交際まで至らずまた婚活。選ぶことができずまた婚活…。
どんどん婚活地獄・婚活疲れに陥ってしまいます。

婚活を成功させる秘訣!「その時その時を大切に」

「たくさんの中から選べる」「たくさんの人と出会える」というのは、良いように見えて、実際は婚活ループに迷い込んでいる恐れがあるのです。

婚活地獄に陥らない・婚活疲れにならないよう注意しながら、一回一回のお見合い、一人ひとりとの出会いを大切にしていくようにしましょう!
「次に期待しよう」から、「この出会いを真剣に」という思いにシフトチェンジすることで、今まで見えなかった相手の良さに気付けるはずですよ♪

ブログ・体験談で見る!気になる婚活事情まとめ【男女】